乳酸菌で繰り返しできるニキビから解放される

ニキビで悩んでいる方におススメなのが乳酸菌です。ニキビの予防で代表的なのは、正しい洗顔や保湿などの肌ケアです。しかし、ニキビ予防は体の表面だけでなく、体の中、特に腸内をキレイにすることも大切です。乳酸菌を摂取すると整腸作用によって腸内をキレイにしてくれます。この作用が、肌にさまざまな効果をもたらし、ニキビを改善します。

ニキビは乳酸菌で改善できる

ニキビを改善するためには、腸内環境を整えることが有効です。

腸内環境が整うことで、肌の環境も改善されるからです。例えば、腸内環境が整うと摂取した栄養の吸収率が高まるので、肌細胞が活性化します。すると、肌のバリア機能が高まるので、肌荒れリスクを低減できます。
また、腸には老廃物が溜まりますが、スムーズに排出することで老廃物が腐敗するのを防げます。老廃物が発する毒素がニキビの原因にもなるので、腸内環境を整えるということは、ニキビなどの肌荒れ全般に有効なのです。

腸内環境を整えると肌細胞が活性化する

乳酸菌は腸内環境を整える

腸には、腸の働きを助ける善玉菌とそれを邪魔する悪玉菌が存在しています。腸内環境は、善玉菌と悪玉菌の勢力が強い方に影響を受けます。善玉菌が優勢であれば、腸の蠕動運動(※1)がスムーズに行われ、腸内環境は整ってキレイな状態が保てます。一方、悪玉菌が多いと、腸内環境は乱れて、便秘や下痢を引き起こします。

乳酸菌を摂取すると、善玉菌にとって活動しやすい腸内環境を作ったり、エサとなることで善玉菌の数を増やしたりする作用があります。そうすることで、腸内環境を整えてくれるのです。

(※1)蠕動運動とは、腸管が収縮と膨張を繰り返して、肛門に向けて内容物を移動させる動きのことです。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

腸内環境が良くなることで起こる効果

腸機能が高まると細胞への栄養供給が増える

腸の役割は、食事から摂取した栄養を吸収することです。吸収した栄養は、血液を通して全身の細胞に送られます。肌細胞も、腸から送られる栄養を得ることで、肌のバリア機能を維持しています。
腸の機能が高まると供給される栄養が増えて、肌細胞が活性化し、ニキビが発生しにくくなるのです。また、できてしまったニキビの治癒も促してくれます。

ターンオーバーが正常化して肌のバリア機能アップ

肌細胞が元気になると、ターンオーバーが正常に行われるようになります。

ターンオーバーとは、古い肌を垢として排出して、新しく元気な肌に生まれ変わる働きのことです。通常肌細胞は、28日程度でターンオーバーを行っていますが、これが遅れたり早すぎたりすると、肌トラブルの原因になります。例えば、ターンオーバーが遅れると、古い肌がいつまでも肌に残ることで毛穴に皮脂などが詰まりやすくなります。すると、ニキビが発生してしまうのです。

乳酸菌によって腸内環境を整えれば肌細胞が活性化するので、ターンオーバーの周期が乱れにくくなり、肌トラブルを減らせます。

腸がキレイになると毒素を生み出す老廃物がなくなる

腸には、体中から集められた老廃物が、便として溜まっていきます。健康な方は、これをスムーズに便として排出できるのですが、便秘の方は体内にため込んでしまいます。すると、老廃物は悪玉菌の働きによって腐敗して、有害物質を放出するようになります。これは血液に混じって全身に流れていきます。そして、口臭やニキビなどというトラブルの原因になって身体の外へ出ていきます。

乳酸菌を摂取して、腸内環境を整えれば、蠕動運動がしっかりと機能して老廃物が腐敗する前に便として排出します。その結果、身体に有害な物質の発生を抑えて、ニキビなどのトラブルを起こさずに済むのです。

2~4週間は摂取を続けてください

乳酸菌を摂取したからといって、すぐにニキビは改善されません。それは、古い肌が新しい肌に生まれ変わる(ターンオーバー)には時間がかかるからです。また、腸内環境も一朝一夕で改善されるわけではありません。根気よく乳酸菌を摂って、少しずつ腸内の善玉菌を増やす必要があります。