乳酸菌はアレルギー症状の緩和に有効な物質

乳酸菌がアレルギー予防に有効

アレルギー症状が起こる原因は、身体の免疫システムが異常を起こしているからです。乳酸菌は、免疫細胞が集中する腸内環境を整えることで免疫機能に作用し、免疫システムが正常に機能するように整えてくれます。

アレルギーが起こる仕組み

ホコリやダニ、花粉など(アレルゲン)を吸いこむと、涙やくしゃみ、鼻水が出るのはアレルギー症状です。アレルゲンは本来身体にとって無害ですので、大量に身体に入ってきたとしても免疫細胞が過敏に反応する対象ではありません。しかし、何らかの原因で免疫システムが異常を起こして、これら無害な物質にまで免疫細胞が過剰な反応をしてアレルギー症状を起こしてしまうのです。

乳酸菌の作用によって免疫機能を整えれば、このような異常な反応を抑えられるのです。

乳酸菌の整腸作用がアレルギーを緩和する

免疫細胞は腸に6割存在する

免疫細胞は全身に存在していますが、最も集中しているのが腸内です。その数は、全身に存在する免疫細胞の約6割です。つまり、腸の機能を高めれば免疫細胞を活発化させて、免疫機能を正常に整える効果が期待できます。

乳酸菌は腸内環境を整える

乳酸菌は、整腸作用によって腸内環境を整えて腸の機能を高めることで、免疫力を整えます。

腸内には、身体にとって有益な「善玉菌」と有害な「悪玉菌」、どちらか優勢な方に協力する「日和見菌」が存在しています。善玉菌は弱酸性の環境を好みます。乳酸菌は糖を分解して乳酸を作り出すことで腸内を酸性に傾けて、善玉菌にとって住みよい環境を作ります。また、自身がエサとなって善玉菌を増殖させることで、善玉菌優位な環境を整えてくれます。善玉菌が増えれば悪玉菌が減るので、腸の機能が高められるのです。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

免疫細胞が活性化する

乳酸菌には、腸に存在する免疫細胞を活性化する働きがあります。

小腸の壁にはパイエル板という部位があります。腸に入ってきた細菌などの病原体の一部は、パイエル板に吸収されます。するとパイエル板の下で構えている様々な免疫細胞が活性化し、細菌を駆除します。
乳酸菌は小腸に到達すると、その一部が病原体と同様にパイエル板に吸収されて、免疫細胞を活性化させる働きがあります。腸の免疫機能が正常に機能すれば、免疫力の過剰な反応を抑えることができると考えられます。

関連記事:免疫力を高めるなら乳酸菌を摂取すると良い

アレルギー症状を引き起こす化学物質の発生を抑える

アレルギー症状は、ヒスタミンという化学物質によって引き起こされています。
私たちの体内にアレルゲンが侵入すると、免疫機能が働いてヒスタミンが分泌されます。このヒスタミンの分泌によって、くしゃみや咳、肌のかゆみなどが起こります。

乳酸菌は、このヒスタミンの分泌を促すTh2という免疫細胞の増殖を抑える作用があります。その結果、ヒスタミンの分泌が減って、アレルギー症状が緩和されるのです。

すべての人に有効とは限らない

乳酸菌は、整腸作用によってアレルギー症状を緩和させる有効な1つの方法です。しかし、すべての人に例外なく乳酸菌が有効とは限りません。人によって有効な場合があれば、期待通りの効果が出ない場合もあります。また、乳酸菌自体もさまざまな種類があり、特徴的な作用が異なります。1つの乳酸菌で効果を判断せずに、いろいろな乳酸菌を摂取して、効果を確かめるようにしてください。