乳酸菌は風邪やインフルエンザにかかりにくくする作用がある

「風邪やインフルエンザにかかりたくない」そんな方におススメなのが、乳酸菌です。乳酸菌には、免疫力を高めて風邪やインフルエンザを予防する作用があります。

乳酸菌は免疫力を高めて病原体を撃退する作用がある

乳酸菌には、免疫力を高めて風邪やインフルエンザを予防する働きがあります。
免疫細胞は全身に存在して、病原体の侵入を防いだり、侵入してきたものと戦ったりして、私たちの身体を守ってくれています。しかし、体力の低下やストレスなどの影響で身体の機能が低下すると、免疫細胞の機能も低下して病気になりやすくなります。

乳酸菌は、特に腸に作用して免疫力を高める働きがあります。腸には多くの免疫細胞が集中しているので、腸内環境を改善すると免疫細胞も活性化できます。その結果、風邪やインフルエンザなどの病原体に強くなるのです。

乳酸菌は免疫細胞が集まる腸を元気にする

整腸作用で免疫細胞が集まる腸の機能を高める

乳酸菌は、整腸作用によって腸の機能を正常化します。腸には善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在していて、それぞれ腸の機能に影響を与えています。そして、腸内環境を整えるには、腸にとって有益な善玉菌と有害な悪玉菌の割合が、2対1と善玉菌の方が多いことが重要です。
乳酸菌は腸に到達すると、善玉菌が活動するのに適した弱酸性の環境を作る性質があります。善玉菌が活性化して悪玉菌の勢力が弱まるので、腸の機能が高まって免疫細胞に良い影響を与えられます。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

免疫細胞が活性化する

腸は免疫細胞の約6割が存在するといわれているほど、人間の免疫の中核を担う臓器です。乳酸菌の働きによって全身の免疫に大きな影響力を持つ腸内の環境が整うと、免疫細胞を活性化することができます。特に、ナチュラルキラー(NK)細胞の活性化は、免疫に大きな影響を与えます。

NK細胞とは、常に身体の中をパトロールしていて、風邪やインフルエンザの細菌やウイルスが侵入したのを見つけると、その場ですぐに攻撃する特性があります。つまり、このNK細胞の力が弱まっていると病原体は増殖しやすくなるので、病気が悪化したり重症化したりしやすくなるのです。

関連記事:免疫力を高めるなら乳酸菌を摂取すると良い

IgA抗体の分泌を増やして免疫力を高める

IgA抗体が病原体を無力化する

IgA抗体とは、身体に侵入してきた病原体にくっつくことで無力化する、免疫細胞が作り出す免疫物質です。あらゆる細菌やウイルスに反応するのが特徴ですので、汎用性が高く防衛力が高い抗体です。主に、目や鼻、唾液などに存在して病原体の侵入を防ぐ役割を持っていますが、消化器官にも多く存在しています。インフルエンザの感染を防ぐ効果が認められているので、ワクチンとしての開発が進められている抗体です。

IgA抗体の具体的な働きは、病原体の活動を抑えたり、免疫細胞であるマクロファージが食べやすいような形に病原体を変えたりします。

乳酸菌がIgA抗体の分泌を高める

乳酸菌はIgA抗体の分泌を高める作用があるので、風邪やインフルエンザなどの予防ができます。

乳酸菌は体内に入ると、一部が小腸の壁にあるパイエル板という場所に吸収されます。パイエル板とは、細菌やウイルスを吸収して外敵の侵入を全身に知らせる役割を持っている免疫器官です。乳酸菌はパイエル板を刺激することで、免疫細胞を活性化し、IgA抗体の分泌を促します。その結果、全身の免疫力が高まるので風邪やインフルエンザなどの病気になりにくくなるのです。

関連記事:免疫力を高めるなら乳酸菌を摂取すると良い

腸内環境が整えば粘膜の修復能力がアップする

腸は栄養を吸収する役割があり、それを全身に供給しています。乳酸菌の整腸作用によって腸の機能が高まれば、全身の細胞に対して供給する栄養の量を増やせるのです。すると、鼻やのどなどの粘膜、皮膚はダメージの修復を素早く行えるようになり、身体の防衛能力が高まるのです。

乳酸菌を摂取すれば、免疫物質が活発化し、粘膜などの細胞も元気になって、風邪やインフルエンザにかかりにくくできます。

ただし、乳酸菌だけでなく、生活習慣を整えて普段から免疫力を落とさないように心がけましょう。十分な睡眠とバランスの良い食事を取りましょう。手洗いうがいも大切です。