乳酸菌のデトックス効果で腸内をスッキリ・キレイに

乳酸菌には、高いデトックス効果があります。デトックスとは、身体に溜まった毒素を外に出す作用のことです。乳酸菌は整腸作用によって、腸に溜まった老廃物や有害なガスなどを排出します。この作用によって、下痢や便秘、肌荒れ、胃もたれなどの身体の不調を解消できます。

デトックスに乳酸菌は最適

乳酸菌がデトックス効果が高い理由は、腸内環境を整えて排便をスムーズにするからです。

実は、身体から排出される毒素の約7割が便から排出されます。乳酸菌の整腸作用によって便が腸に溜まることなく排出されると、それだけ毒素を身体から出す、つまりデトックスしているといえるのです。

ちなみに尿や汗からも2割程度の毒素が排出されますので、利尿作用のある飲み物を飲んだり、サウナなどで汗を積極的にかいたりしてもデトックスすることができます。しかし、尿と汗を両方合わせても身体から排出される毒素の2割程度で、排便をスムーズにする乳酸菌の効果には及びません。このことから、乳酸菌のデトックス効果は高く、毒素の排出に合っているといえるのです。

乳酸菌で腸内環境をよくして腸内をキレイにする

乳酸菌は腸内の善玉菌を活性化する

腸内には、100兆個もの腸内細菌が住んでいます。腸に対して良い影響を与える細菌を「善玉菌」、悪い影響を与えるものを「悪玉菌」として区別しています。このうち、善玉菌が活発に活動している状態にすれば、腸内環境は整います。

乳酸菌は、善玉菌にとって住みやすい弱酸性の腸内環境を作ったり、自身がエサになったりすることで善玉菌の活動を支えます。その結果、善玉菌が活発化して腸内環境が良くなるのです。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

蠕動運動が活発化して老廃物を出しやすくする

腸内環境が良くなって機能が向上すると、蠕動運動(※1)が活発化します。すると、腸に溜まった老廃物や有害物質はスムーズに排便されます。

腸に溜まった老廃物は、そのまま放置すると腐敗して、身体の不調を引き起こす原因であるガスを放出します。腐敗が始まる前に早く排出することは、便秘を改善するだけでなく、肌荒れや身体の不調を改善するきっかけになるのです。

(※1)蠕動運動とは、腸管が収縮と膨張を繰り返して、肛門に向けて内容物を移動させる動きのことです。

乳酸菌とオリゴ糖を一緒に食べるとデトックス効果が高まる!

乳酸菌の効果を高める食材が、オリゴ糖です。乳酸菌は、成分ではなく菌という生き物ですので、エネルギーを必要とします。乳酸菌はオリゴ糖をエサとすることで、活発に活動できるようになります。オリゴ糖は、甘味成分としてネットで簡単に手に入りますので、乳酸菌の力をアップさせたい方は購入してみてください。

乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、みそ、漬物などに含まれているので、これらを食べることで容易に摂取できます。オリゴ糖はバナナや大豆、玉ねぎやゴボウなどに含まれています。オリゴ糖と一緒に摂取することで、より強力なデトックス効果を得られるようになります。

腸内をキレイにすると身体もキレイになる

腸内環境が悪化している方に多いのが便秘です。便秘になると、内容物やガスが溜まってお腹が張るだけでなく、肌荒れや体臭を引き起こしやすくなり、毒素が血液を通って脳へ行くと、神経にダメージを与えてうつ病の原因になります。便秘はさまざまな病気の要因となるのです。

乳酸菌を摂取して腸の機能をアップさせると、腸内の老廃物や毒素が減って腸がキレイになります。すると、肌にハリやツヤが戻ったり、髪質が良くなったりして、身体もキレイになります。