乳酸菌がダイエット効果を高めてくれる

乳酸菌は腸内環境を整えることで有名ですが、腸の機能を高めることでダイエット効果もアップさせます。また、乳酸菌には脂質や糖質の吸収を抑える効果を持つものもあり、乳酸菌を選んで摂取することでさらに効果を高めることができます。

乳酸菌を摂取すると痩せやすい身体になる

乳酸菌を摂取すると、腸内環境が改善します。これは、腸内環境を整える善玉菌の数を増やす効果があるからです。腸内環境が改善すると、全身の細胞が活性化します。全身の細胞が元気になると消費エネルギーが増えるので、自然と痩せやすい身体にかえられるのです。

ただし、乳酸菌ダイエットは短時間では行えません。継続して摂取し続ける必要がありますので、無理をせず少しずつダイエットを進めていくようにしましょう。

乳酸菌のダイエット効果

腸内環境を整えて痩せやすい身体をつくる

乳酸菌が腸内環境を整える

乳酸菌は腸内環境を整える働きがあります。乳酸菌は腸内で糖を分解して乳酸を作り出す働きがあります。乳酸によって腸内が酸性に近づくと、弱酸性の環境を好む善玉菌が活性化します。一方、悪玉菌はアルカリ性を好み酸性を嫌います。
このように、乳酸菌には善玉菌の働きを助け、悪玉菌の働きを抑える効果があります。

さらに詳しくは→乳酸菌で腸内環境を正常化する

腸内環境が整うと痩せやすくなる

腸は、食事から摂った栄養素を吸収する場所です。腸が元気になると、摂取した栄養の吸収率がアップします。血液を通して全身の細胞に栄養を供給できる量が増えるので、全身の細胞の活性化につながるのです。細胞が活性化するとエネルギーの消費量が減って、基礎代謝(※1)がアップします。
基礎代謝がアップするということは痩せやすい身体になるということです。リバウンドを起こしにくくなり、ダイエット効果が高まります。

(※1)基礎代謝とは、運動などで体を動かさなくても、生命維持のために自然と消費されるエネルギー。呼吸や体温調節、筋肉の維持や内臓の活動などで消費されるエネルギーのこと。

乳酸菌には脂質や糖質の吸収を抑える働きがある

乳酸菌には、腸での脂質や糖質の吸収を抑える働きがあります。

脂質や糖質は小腸で吸収されますが、それを促しているのは腸に住む細菌です。この菌が活発に活動すると、脂質や糖質を必要以上に吸収してしまい、摂取エネルギーの増加につながります。

乳酸菌には、脂肪や糖の吸収を促す細菌の働きを抑制する働きがあります。過剰な脂質や糖質の吸収を抑えてくれるのです。

便秘を改善することでダイエットをサポート

乳酸菌は、整腸作用によって便秘を改善する働きもあります。便秘はわずかでも体重の増加の原因となるので、これを防ぐことで少しでも体重を減らすことができ、ダイエットのサポートになるのです。