食中毒の感染を乳酸菌の力で守る

乳酸菌が食中毒対策になる理由

乳酸菌で食中毒を予防できる理由は、主に2つあります。

1つは、乳酸菌が食中毒菌にとって住みにくい腸内環境を作るからです。サルモネラ菌などの食中毒菌はアルカリ性の環境を好み、そこで活発化して繁殖していきます。しかし、乳酸菌は腸内を弱酸性に近づけることで、それを防ぎます。

2つ目は、免疫力を高めて、身体に侵入した食中毒菌を殺菌してしまうのです。

食中毒菌を摂取しても食中毒の症状を発症する方としない方がいらっしゃいますが、その違いの1つが腸内環境の良し悪しです。腸内環境が整っていると、食中毒菌は身体につきにくく、繁殖しにくくなります。乳酸菌を摂取することで、食中毒菌が活動しにくい腸内環境が作れるので、身体を食中毒から守れるのです。

善玉菌を助けて悪玉菌(食中毒菌)を抑える

わたしたちの腸内にもともと住む腸内細菌の悪玉菌には、大腸菌やブドウ球菌などの食中毒菌が含まれます。
乳酸菌は、善玉菌が優位な腸内環境を作ることで、悪玉菌(食中毒菌)の活動を抑えます。

乳酸菌は、糖を分解することで乳酸を作りだし、腸内を善玉菌が活動しやすい弱酸性に近づけます。この働きによって善玉菌の活動が活発になり、反対にアルカリ性を好む悪玉菌の活動は低下します。

さらに、乳酸菌は自身が善玉菌のエサとなることで善玉菌の増殖を助けます。腸内細菌の総数は一定に保たれているので、乳酸菌がエサとなって善玉菌の数が増えれば、悪玉菌は減少します。

このように、乳酸菌は善玉菌が活動しやすい環境を作り、さらに善玉菌のエサとなることで、食中毒菌の繁殖を防いで食中毒から身体を守ります。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

免疫力を高めて食中毒菌に負けない体をつくる

身体には、外敵が侵入しても戦って守る免疫システムが備わっています。乳酸菌は、腸内環境を整えることで、免疫システムを高めます。
腸には免疫細胞の約6割が存在しています。腸内環境が整って腸の機能が高まることで身体の免疫力を高められます。

食中毒から身を守るためには、高い免疫力を維持しておく必要があります。食中毒菌を摂取しても症状が酷くならない方は、免疫力が高い傾向にあります。

関連記事:免疫力を高めるなら乳酸菌を摂取すると良い

普段から食中毒の予防を心がけよう

食中毒は、梅雨や夏などの高温多湿な時期は気をつけていますが、それ以外の時期は油断しがちです。食中毒菌は一年中存在しているので、油断していると知らず知らずのうちに口にしている場合が多々あります。

そこで、乳酸菌の摂取がおススメです。乳酸菌はヨーグルトやチーズ、漬物などに含まれていて、簡単に摂取できます。油断しがちな季節は特に、乳酸菌を摂取して身体を強く丈夫にしましょう。