免疫力を高めるなら乳酸菌を摂取すると良い

ヨーグルトやチーズ、みそなどに含まれている乳酸菌には、免疫力を高める効果があることがわかっています。

免疫力を維持するためには睡眠やバランスの良い食事が大切ですが、それと同じくらい腸内環境を整えることが大切です。食べ物は口から胃を通って腸に到達しますが、このとき一緒に細菌やウイルスも侵入してきます。そのような病原体の侵入に備えて、腸には体全体の6割の免疫細胞が集中しています。腸内環境が良好であれば、免疫細胞が活発に働いて病原菌と戦って病気になりにくくしてくれます。

乳酸菌で免疫力を高める

腸内環境を整えて免疫力の低下を防ぐ

腸には、大きく分けて「善玉菌、悪玉菌、日和見菌」という3つの菌が存在しています。この内、善玉菌が悪玉菌よりも数が多ければ腸内環境は整いますが、栄養バランスの悪い食事や不規則な生活、ストレスによって悪玉菌が増えると、腸内環境は悪玉菌優勢の状態になります。腸内環境が悪いと、腸に存在する免疫細胞の働きも低下します。

乳酸菌は、腸内を善玉菌にとって活動しやすい酸性に近づける働きがあります。また、死んだ乳酸菌は善玉菌のエサになることで善玉菌の勢力を優勢にし、腸内環境を整える手助けをします。乳酸菌によって腸内環境が整えば、腸の免疫機能の低下を防ぐことができます。

乳酸菌が免疫細胞を活性化

腸に存在する重要な免疫器官「パイエル板」

腸の壁にはところどころに「パイエル板」と呼ばれる免疫器官があります。食物と一緒に腸に入ってきた細菌の一部は、このパイエル板に吸収されます。パイエル板の下には多くの種類の免疫細胞が集まっています。パイエル板から侵入してきた細菌の情報を元に連携を取って、腸壁を超えて体内に侵入しないよう、免疫物質(IgA)を作って私たちを守ってくれています。

乳酸菌は免疫物質の分泌を促進

乳酸菌はこのような腸の免疫システムを刺激し、腸の免疫細胞を活性化する働きがあります。

腸に入ってきた乳酸菌の一部はパイエル板に吸収されます。するとパイエル板の下の免疫細胞が刺激され、体内への細菌の侵入を防ぐために対抗物質が分泌されます。
乳酸菌も菌の一種ですから、乳酸菌を摂ることで細菌が侵入してきたときと同じことが起こるという仕組みです。

乳酸菌を摂ることで腸の免疫機能が活性化し、細菌の侵入を防ぐ免疫物質の分泌が促進されます。
また、パイエル板に捕らえられた細菌の情報は、腸だけでなく全身の免疫細胞に情報が伝達されます。これにより鼻やのどの粘膜でも免疫物質の分泌が促され、全身の免疫力を高めることにつながります。

ビフィズス菌は腸のバリア機能を高める

腸内に住む善玉菌の9割以上が、乳酸菌の1種のビフィズス菌です。ビフィズス菌は、乳酸以外に酢酸を作り出す働きがあります。

ビフィズス菌が作り出す酢酸には殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を防ぎます。また、腸の粘膜を保護することで腸管バリア機能を高め、O157の感染を予防する働きも確認されています。免疫力を高めるためには、もともと腸に住むビフィズス菌の働きを活発にすることが大切です。

便秘の改善が免疫力低下を防ぐ

免疫力を下げないためには便秘の改善が大切です。
便秘によって腸内の老廃物が腐敗していくと、老廃物から有害なガスが発生します。ガスは腸壁から吸収され、血液にのって全身を巡ります。これによって全身の細胞の機能が低下し、免疫力の低下につながってしまいます。
乳酸菌で腸内環境を整えて、便秘を改善しましょう。

関連記事:下痢や便秘は乳酸菌を摂取することで解消できる

乳酸菌は死菌でもよい

乳酸菌で免疫力を高めるために「生きて腸に届く乳酸菌」にこだわる必要はありません。
死んだ乳酸菌(死菌(※1))であっても、免疫力を高める効果は期待できます。

死菌は腸にもともと住む善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化して増やしてくれます。じゅうぶんな腸内環境を整える効果が期待できます。

また、前述したパイエル板を通過するには、死菌のほうが効率が良いとも言われています。
生きた乳酸菌は体内で塊をつくる性質があり、その塊が大きければパイエル板を通過することができません。一方、死菌は大量に摂ることができるメリットがあり(※2)、塊をつくる性質も失っています。より多くの乳酸菌を腸に送ることができ、パイエル板を通過する機会を増やすことができるのです。
このような理由から、あえて加熱殺菌処理を加えて製品化しているものもあります。

(※1)乳酸菌の多くは酸や熱に弱い性質があり、腸にたどり着く前に、胃酸や胆汁酸によって死んでしまうものが多いです。
(※2)死菌1mgには、500億個の乳酸菌が存在します。(生菌1mgには10億個)同じ量でもより多くの乳酸菌を摂れるのは死菌です。

免疫力を維持するには乳酸菌を摂取し続けなければならない

摂取した乳酸菌はずっと腸に住み続けるのではなく、数日程度で便と一緒に排出されます。腸内環境を整えて免疫力を維持するには摂取し続けることが大切です。免疫力を維持するために、毎日の食生活に発酵食品など乳酸菌を含んだ食品を取り入れるようにしましょう。