乳酸菌で腸内環境を正常化する

ヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は、腸内環境を正常化する作用を持っています。
腸内環境が乱れると、下痢や便秘、免疫力の低下や肌荒れなど、様々な体調不良につながってしまいます。乳酸菌を積極的に摂って、腸内環境を良い状態に保ちましょう。

腸内環境は腸に住む細菌で決まる

腸内には100兆個の菌が住む

人間の腸には、500~1000種類の細菌が住んでいて、その数は100兆個といわれています。この細菌はそれぞれ働きが違い、人間にとって良い働きをするものを「善玉菌」、悪い働きをするものを「悪玉菌」、そして善玉菌と悪玉菌どちらか優勢なほうに味方する「日和見菌」に分けられます。腸内には大きくこの3種類が存在しています。

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、善玉菌に分類されます。

腸内環境は菌の割合で決まる

理想的な腸内環境を保つには、善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合を、2:1:7に保つ必要があります。

腸内には日和見菌が圧倒的に多く存在し、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に協力する性質があります。つまり、善玉菌が優位の状態であれば日和見菌が味方をしてくれるため、悪玉菌を抑制することができます。そのためには善玉菌の数を増やすか悪玉菌の数を減らす必要があります。

下痢や便秘気味の方はこの割合が崩れていて、悪玉菌が善玉菌の数よりも多いと考えられます。

腸内環境を整える乳酸菌の働き

腸内を善玉菌の活動しやすい弱酸性に整える

腸内の善玉菌は酸性を好み、アルカリ性を嫌う傾向があります。(反対に悪玉菌はアルカリ性を好みます)
乳酸菌は、腸内で乳糖を分解して乳酸を作り出す働きがあります。乳酸菌が腸内で乳酸を作ると、善玉菌が活動しやすい弱酸性の環境が作られます。もともと私たちの腸内に住む善玉菌を活性化して、悪玉菌を抑え善玉菌が優勢の腸内環境に整えてくれるのです。

ビフィズス菌はさらに整腸作用が高い

さらに、乳酸菌の一種のビフィズス菌は、腸内で乳酸だけでなく酢酸も作り出します。ビフィズス菌が作り出す酢酸は強力な殺菌力があり、腸の粘膜を保護します。乳酸だけでなく酢酸をつくるビフィズス菌は、より整腸作用が高いです。

死んだ乳酸菌は善玉菌のエサになる

乳酸菌は胃酸や胆汁酸に弱く、摂取しても腸に到達するまでの間に死んでしまう菌も多いです。しかし、死んだ乳酸菌は腸内にもともと住む善玉菌のエサとなり、善玉菌を活性化する働きがあることがわかっています。

また、すべての乳酸菌が胃酸や胆汁酸に弱いわけではありません。植物性乳酸菌(※1)は胃酸や胆汁酸に強い特徴があり、生きて腸まで届いて乳酸を作り出します。

(※1)乳酸菌には大きく分けて、動物由来の動物性乳酸菌と、植物由来の植物性乳酸菌がいます。

腸内環境を整えることは健康のカギ

腸内環境が整うと、便通が改善されます。便秘や下痢に悩んでいる方は積極的に乳酸菌を摂りましょう。便秘が改善されて腸内の老廃物が排出されると、肌荒れの改善やデトックス効果が期待できます。
そして、腸には免疫細胞の6割が集まっています。これを「腸管免疫」と言い、腸内環境が整うことで免疫力がアップすることがわかっています。
さらに、腸は食事から摂取した栄養素を吸収する役割があります。腸内環境が整うことで、摂取した栄養素の吸収率が高まり、代謝のアップにつながります。

腸内環境の正常化は、元気で健康な生活を送るために非常に重要です。
便秘や下痢だけでなく、「なんだか疲れが取れない」「免疫力を高めたい」という方は、ぜひ積極的に乳酸菌を摂りましょう。