下痢や便秘は乳酸菌を摂取することで解消できる

整腸作用を持つ乳酸菌は、下痢や便秘を改善するのに役立ちます。お腹のトラブルは、腸内環境が乱れているのが大きな原因の一つです。乳酸菌を積極的に摂って、腸内環境を整えましょう。

乳酸菌で腸内環境を整えれば下痢や便秘を改善できる

下痢や便秘は腸内環境の悪化が原因

下痢や便秘になるのは、腸内環境が悪化して悪玉菌が増え、腸の機能が低下しているためです。

腸内には100兆を超える程の腸内細菌が住みついています。その中には、腸に良い働きをする「善玉菌」と、悪い影響を与える「悪玉菌」、このどちらか優勢な方に協力する「日和見菌」が存在しています。下痢や便秘などのトラブルを起こすのは、多くの場合、腸内環境が悪玉菌優勢になっていることが原因です。
下痢や便秘を解消するためには、善玉菌を増やすことで、悪玉菌を抑える必要があるのです。

乳酸菌は腸内環境を整える

乳酸菌は、腸内で乳酸を作り出す働きがあります。乳酸によって腸内が弱酸性の環境になると、腸に住む善玉菌は活発に活動することができます。反対にアルカリ性を好む悪玉菌は活動しにくくなり、善玉菌優位の腸内環境に整えることができるのです。

また、乳酸菌は腸内にもともと住む善玉菌のエサとなることで、善玉菌の増殖を促す働きもあります。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

腸内環境を悪化させない生活習慣を心がけよう

乳酸菌には腸内環境を整える働きがありますが、そもそも腸内環境はどうして悪化してしまうのでしょうか。

私たちの腸内に住む善玉菌の9割以上はビフィズス菌(乳酸菌の1種)です。子供の腸内にはこのビフィズス菌が非常に多く、加齢ともにビフィズス菌の量は減少していくことがわかっています。
さらに、ストレスや肉中心の食生活は悪玉菌を増やしてしまいます。消化しきれなかった肉などのタンパク質の残りかすは、悪玉菌の大好物です。

乳酸菌で善玉菌を増やすとともに、悪玉菌の増殖も防ぎましょう。
肉だけでなく、野菜や海藻、果物もバランスよく摂りましょう。野菜や海藻に含まれる食物繊維にも腸内環境を整える働きがあり、果物には善玉菌のエサとなるオリゴ糖が含まれています。適度な運動やじゅうぶんな睡眠でストレスをためないことも大切です。