口臭と体臭を乳酸菌で軽減する

口臭や体臭で悩んでいる方は、乳酸菌を摂取することをおススメします。乳酸菌には、口臭や体臭を抑える効果があるのです。

口臭や体臭はさまざまな要因があるので、乳酸菌がすべての要因を解決してくれるわけではありません。しかし、歯磨きなどの口内ケアをしているのに口臭が消えない、身体を清潔にしているのに体臭が消えない、そんな方は乳酸菌を摂取してみてください。

腸内環境の悪化が口臭や体臭の原因

乳酸菌が口臭や体臭に効く理由は、腸内にある老廃物をキレイに排出するように促す効果があるからです。

実は、口内や身体を清潔にしているのにも関わらず、口や身体からニオイが発生するのは、腸に溜まった老廃物から発生するガスが原因の可能性があります。そのような場合は、乳酸菌で腸内環境を整えて排泄をスムーズにすることで、口臭や体臭の悩みを解決することができます。

腸の機能が低下すると老廃物が腐敗する

腸がしっかり機能している場合、食べかすなどの老廃物は腐敗する前に便として体外へ排出されます。しかし、腸の機能が低下していると蠕動運動(※1)がしっかりとできないので、老廃物をスムーズに排泄できず、腸にため込んでしまいます。すると、老廃物は腸内で腐敗を進めて有害なガスを放出するようになるのです。

(※1)消化器系(胃や腸など)が、筋肉の収縮と弛緩を繰り返して内容物を運ぶ運動

有害なガスは血液とともに全身に

腸で老廃物が有害なガスを放出すると、それらは血液に混じって全身に流れていきます。すると、各内臓の機能を低下させたり、吹き出物ができたりします。また、口臭や体臭として体外へ出ていくものもあります。

乳酸菌には腸内環境を整える効果がある

善玉菌を増やして腸内環境を整える

腸内には腸の機能を整える「善玉菌」や、悪影響を与える「悪玉菌」、どちらか優勢な方の味方をする「日和見菌」が存在しています。腸内環境を整えるためには善玉菌の勢力を強くする必要があります。

乳酸菌は、善玉菌の働きを助けることで、善玉菌優位の腸内環境に整える働きがあるのです。

乳酸菌は、糖から乳酸を作り出すことで、腸内環境を善玉菌が活動しやすい弱酸性にする働きをします。また、腸にもともと住む善玉菌のエサとなることで善玉菌の数を増やすので、腸内環境の改善に役立ちます。

関連記事:乳酸菌で腸内環境を正常化する

蠕動運動が活発化して排便がスムーズになる

乳酸菌を摂取することで善玉菌の数が増えると、腸内環境が改善します。腸内環境が改善すると蠕動運動が活発化するので、老廃物は便としてスムーズに排出されます。

口臭や体臭が気になっている方の多くは、便秘であることが多いです。それは、ここまで説明してきた通り、腸内で老廃物が腐敗するからです。蠕動運動が活発化することで便秘が解消され、少しずつ口臭や体臭が改善されていきます。

口臭対策のための乳酸菌配合商品を利用しよう

口臭の原因は、腸内の老廃物以外にも口内にいる細菌が放つガスによる場合があります。口内の細菌による場合は、口内ケアでニオイを軽減することができますが、乳酸菌によっても抑えられるのです。
乳酸菌で口臭対策をしようと考えている人は、ヨーグルトや乳酸菌飲料、乳酸菌サプリを摂取する以外に、乳酸菌配合の歯磨き粉やタブレットを利用する方法もあります。
乳酸菌入りの歯磨き粉は口臭以外に、歯周病予防にも役立ちます。タブレットは、なめながら口臭対策ができるため、飴のような感覚で利用することができます。

効果を出すには継続が必要

ヨーグルトやチーズなどで乳酸菌を摂取したからといってすぐに効果は現われません。腸の機能を高めるには、乳酸菌の摂取を継続的に行って善玉菌を少しずつ増やしていく必要があります。善玉菌が増えることで腸内環境が良くなって、腸の機能が改善されていきます。そして、老廃物の排出と有害なガスが身体からなくなることで、ニオイが治まります。

口臭の原因菌を抑える方法も、数週間続けることで口内の環境が改善されてニオイを放ちにくくなるのです。どちらも即効性を期待するのではなく、乳酸菌の摂取を継続することを心がけましょう。