乳酸菌はストレスによる身体の不調を改善できる

乳酸菌の整腸作用が腸内環境を整えて、ストレスを軽減してくれます。腸と脳は深い関係があるので、乳酸菌で腸内環境を整えると脳にも良い影響を与えられるのです。

乳酸菌でストレスによる身体の不調を治す

ストレスを受けると腹痛を起こしたり、便秘や下痢になったりします。これは脳と腸が自律神経を通じてつながっていて、お互いに影響を与えているからです。
ということは、腸内環境を整えることで脳に良い影響を与えて、ストレスによる体調不良を改善することができます。

ストレスを受けると自律神経が乱れて体調を崩しがちになります。自律神経とは、呼吸や血液の循環、消化などをコントロールしている神経です。自律神経が乱れると、睡眠障害やお腹の不調、免疫力の低下など、身体のいたるところに不調が起こります。

乳酸菌を摂取すると、自律神経の乱れが改善され、ストレスによる体調不良を改善することができます。

乳酸菌で不眠症を改善する

不眠症の原因の一つが、自律神経の乱れです。自律神経が乱れると、交感神経(※1)と副交感神経(※2)のバランスが乱れるので、リラックスすべき睡眠時にうまく眠りに入ることができず、不眠症に陥ってしまうのです。
乳酸菌は腸内環境を整えることで、自律神経を整えます。

乳酸菌は、腸内環境を整える善玉菌を活発にする働きがあります。善玉菌が活発に働くと、腸内環境が整います。腸内環境が整うと、自律神経の乱れを改善することができます。

(※1)身体を緊張状態に導く神経。主に日中に活発に働く。

(※2)体をリラックス状態に導く神経。主に夜間に活発に働く。

乳酸菌で敏感なお腹を整える

ストレスがお腹の不調を引き起こす

ストレスを抱えると自律神経が乱れます。腸と自律神経はつながっているため、ストレスの影響で便秘や下痢、腹痛を引き起こすのです。

乳酸菌を摂取すると、腸内環境を整える善玉菌が優勢になるので、お腹のトラブルが改善します。

過敏性腸症候群でお困りの方は、医師に相談するのが最も大切ですが、乳酸菌を摂取することも有効です。乳酸菌は、善玉菌を活発化して体質を改善する作用があります。薬のような即効性はありませんが、続けているうちにストレスを緩和して、過敏性腸症候群の改善を助けます。

免疫力を高めて体調不良のリスクを減らす

体調不良はストレスの原因

免疫力が低下して、風邪やインフルエンザなどの病気にかかると、身体や精神的な負担が増えてストレスになります。乳酸菌を摂取すると免疫力を高められるので、病気を予防してストレスの根源を減らせます。

免疫力を高めて病気になりにくい身体へ

腸には、免疫細胞全体の約6割以上が存在しています。腸内環境を整えることで免疫細胞が活性化するので、病気になりにくい身体を作ることができるのです。
免疫細胞にはさまざまな種類がありますが、最も注目されているのがNK細胞です。NK細胞はナチュラルキラー細胞と呼ばれ、常に身体をパトロールしています。そして、細菌やウイルスが侵入すると一番に退治して病原菌の増殖を防ぐ役割を持っています。乳酸菌を摂取することで、NK細胞を活性化できるので、免疫力を高めて病気になりにくくできるのです。