乳酸菌でのどの痛みを軽減し、痛みのリスクを抑える

乳酸菌にはのどの痛みを軽減する作用があります。乳酸菌といえば便秘や下痢に有効と考えがちですが、のどの痛みを抑えるのにも有効です。

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。腸内環境が整うと、腸に多く存在する免疫細胞の働きが活発になります。また、栄養の吸収率がアップすることでのどの粘膜の修復が早まります。

乳酸菌が免疫力を高めて病原菌を退治する

乳酸菌が免疫細胞を刺激して、症状の悪化を防ぐ

乳酸菌によって腸内環境が整うと、腸の機能がアップします。すると、免疫細胞の働きも活発化して、病原体への抵抗力もアップします。

乳酸菌はNK細胞という、身体中をパトロールしている免疫細胞の働きを活発化させます。NK細胞は病原体を見つけるとすぐに攻撃をする性質があり、この細胞が活発化すると病原体の増殖を抑えることができます。

病原菌の中には免疫細胞の司令塔を活発化させるものもある

「乳酸菌」の中には、「プラズマサイトイド樹状細胞」という、免疫細胞の司令塔的存在を活発化させるものがあります。

免疫細胞には、病原体を攻撃するものや攻撃する物質(抗体)を作るもの、免疫細胞の働きを助けるものなどいくつもあります。プラズマサイトイド樹状細胞が活発化すると、免疫細胞全体が活発化するので、免疫力を高めることができるのです。

腸の機能を高めて身体の粘膜を強化する

腸の栄養吸収率を高めて細胞を活性化する

腸には食事などで得た栄養を吸収する働きがあります。そして、吸収した栄養は身体の細胞に供給されていきます。しかし、腸の機能が低下していれば、栄養の吸収が不十分になるので、身体の細胞にも十分な栄養を供給できなくなります。すると、のどの粘膜も免疫力が低下して、容易に細菌やウイルスの侵入を許してしまいます。

乳酸菌によって腸の機能が高まっていれば、のどの粘膜にもしっかりと栄養を供給できるので、潤いを保つことができ、細菌やウイルスが付着しにくくできます。

粘膜の修復を早めて炎症を止める

のどに細菌やウイルスが侵入して炎症を起こすと痛みが生じますが、乳酸菌を摂取して腸の機能が高まると粘膜の修復を早めて痛みを早く鎮められます。

腸の機能が高まると栄養の吸収率も高まります。すると、ビタミンB2やB6など、細胞の修復・再生を促す栄養素の吸収も促進されるので、傷ついて弱った粘膜の修復が早まります。粘膜の修復力と免疫力のアップによって、炎症部分の回復が早まって痛みを早く止められるのです。

のどの痛みには乳酸菌入りのど飴が最適

のどの炎症にはのど飴も有効です。のどの炎症は乾燥による影響も大きいからです。そこで、おススメなのが、乳酸菌配合ののど飴です。のどに違和感があるときは、乳酸菌入りののど飴をなめてみてはいかがでしょうか。